プロフィール

Author:武蔵府中青色申告会事務局 専務
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード

出生率1.32

2006年の出生率(正確には特殊出生率:一人の女性が一生の間に産む子供の数)が4年ぶりに1.32人に増加したそうです。
出生率が上昇した理由は、景気が回復して結婚したカップルが増えたからとのことですが、子供の数まで景気に左右されるなんて寂しい話だと思います。
こんなデーターがあります。女性が一生に産む子供の数が一番多いのは、沖縄県にある多良間村の3.14人だそうです。
多良間村は人口が1400人程度、サトウキビ農業などが中心の島であり、決して経済的に豊かな場所だとは思いません。
この島にどうして子供が多いのか、子供が育て易い環境なのか考えてみても良いのでは。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム